先日、背の高い男性がモテやすいという当たり前すぎることを書きましたが、今回はその続きです。

LA08_004
 
陶宏麟教授によると、男子大学生のデート時間を身長別に分類すると、次のようになったそうです。

LA08_003

170cm以下は週3.93時間、170〜173cmだと4.44時間、174〜177cmは4.79時間、177cm以上だと5.63時間だそうです。カップルの行動は身長では差がつきにくいと思います。なので、身長が高いと彼女がいる確率が高いと考えた方がいいと思います。

学部別に調べてみたところ、同じ身長の場合、デート時間が一番長いのは政治学、心理学などの社会科学系だそうで、次は商、法、文、その次はマスコミ、その次は医、物理、そして一番短いのは電機などの工学系統とのことです。

週あたりのデート時間は社会科学系をゼロとすると、商法文はマイナス2.8時間、マスコミはマイナス4時間、医、物理はマイナス5〜5.2時間、そして工学部は6時間も短いそうです。

日本でも理系の男子学生は文系より彼女がいないというイメージがありますが、台湾でも同じようですね。日本も台湾も大学生の生活は同じような感じなのかもしれません。

ソース