中国アリババグループの創始者、馬雲(ジャック・マー)氏が台湾大学、台湾師範大学、台湾科技大学3校合同の招きで来台し講演を行いました。交流のある郭台銘氏(鴻海グループの董事長)も講演を聞きに来ていたそうです。


C04304000402

日本でも中国のビジネスやネット関連企業に興味のある方なら馬雲氏のことはご存知だとは思いますが、台湾でも知名度はかなり高く、来台が大きなニュースになっていました。講演では2400の席が埋まったそうです。

馬雲氏は台湾人青年の創業を支援するために100億台湾ドルの基金を作ることを来台前に発表しています。

講演では「(起業はかなり大変なので、それを乗り越えるために)楽観的な態度が一番大切」「台湾人は礼儀ただしい。きちんと考えてから行動する」「現在ほど創業するのにいい時はない」などと話していたそうです。

ソース