台湾発着の格安航空会社(LCC)をまとめたニュースを見かけたので、当ブログでも便乗して書きます。

 9113467-3638267

早速ですが、台湾からLCCで行ける11か国の18都市は下記の通りです。

日本
 成田:バニラエア/スクート
 関空:ピーチアビエーション/ジェットスター
 那覇:ピーチアビエーション

韓国
 金浦:T'way/Easter Jet
 仁川:スクート
 釜山:エアプサン

中国
 上海:春秋航空/吉祥航空
 石家庄:春秋航空

香港:香港エクスプレス

マカオ:タイガーエア台湾

フィリピン
 マニラ:セブパシフィック

ベトナム
 ホーチミン:VietJetAir

タイ
 チェンマイ:タイガーエア台湾/Vエア
 バンコク:タイガーエア台湾/Vエア

マレーシア
 コタキナバル:エアアジア
 クアラルンプール:エアアジア

シンガポール:ジェットスター/スクート/タイガーエア

オーストラリア
 ダーウィン:ジェットスター

これらの路線を組み合わせれば、たとえば、東京からバニラエアで台北に来た後、ジェットスターでダーウィンに行くなんてことが可能です。日本発の格安航空券だとアジア内は有効期限が短いですし、片道切符は高かったり往復じゃないと入国させてくれなかったりといろいろ大変です。ですから、長期の旅行や留学などにはLCCは必須だと思います。

自分はかなり前にバックパッカーをしていたことがありますが、その頃は日本や台湾にはLCCがなかったので高い片道切符で移動していました。その頃今のようにLCCが発達していたら、おそらく数十万円は飛行機代を節約できたと思います。いい時代になったものです。

なお、これらの情報は2014/12/14時点のものです。今後も行先が増えると思いますし、もしかすると減ったりすることもありますので、旅行を計画の際には最新情報を確認してください。

ソース