台灣大學病院では台湾人男児の性器が以前よりも小さくなって来ていることを発見したそうです。

ダウンロード

台灣大學によると台湾人の男の子は代を重ねるごとに陰茎が短くなり、睾丸が小さくなっているとか。原因は今のところ特定されていないそうですが、原因を突き止めるために政府主導で調査を行うそうです。

台湾では可塑剤という環境ホルモンが男児の性器に良くないと考えられています。可塑剤はラップやカップ麺の容器やビニール、プラスチックに広く使われているそうです。消基會が41種類の食品を検査したところ13種類から微量の可塑剤が検出されたそうです。

可塑剤を避けるためには、プラスチックの食器を使わない方がいいそうです。果汁や炭酸飲料にも溶けやすいそうです。原因はまだ特定されていないので、男性のお子さんがいるご家庭は可塑剤だけでなく環境ホルモンに注意した方がいいかもしれません。

ソース