ALS(筋萎縮性側索硬化症)の人のために募金を集めるアイスバケツチャレンジがいろいろな国で流行しているようですが、台湾の政界、経済界、芸能界でも流行しています。



鴻海グループの郭台銘は氷水を被り、さらに310万アメリカドルを募金したそうです。さらに次の挑戦者として、ソフトバンクの孫正義、北京大學博士の謝曉亮、そして林志玲を指名したそうです。



他には劉德華は小米科技の雷軍から指名された後、すぐに挑戦を完了したそうです。次の3人にはピアニストの郎朗、パラリンピック金メダリストの蘇樺偉、そして周杰倫を指名したそうです。



指名もされていないのに挑戦をする人もいるほどの人気ぶりだそうです。確かに今、水を被ればニュースになる確率が会ですし募金をするのでイメージアップになります。名前を売りたい人にはチャンスですね。

ソース ソース