服役中の陳水扁前総統の病状が思わしくないようです。

C024020B

主治医の周元華によると、刑務所に戻るには病状が悪過ぎるそうで、
自宅での療養および自宅近くの病院への転院を考えてもいいとのことでした。

もし刑務所に戻った場合は、自殺するリスクが高いそうで、法務部は
状況の評価とレポートを三週間以内出すそうです。

陳水扁は現在、重度の鬱病、重度の睡眠時無呼吸症候群、非定型パーキンソン病、
吃音症(言語障害)、さらには脳が少し萎縮しているそうで、5つの病気を抱えて
いるそうです。

ちなみにここ5年間は重度の鬱病を理由に受刑者が自宅療養を許された例はない
とのことで、現行の法律では陳水扁の自宅療養を認めることはできないとか。

陳水扁はいったいどうなってしまうんでしょうか?

ソース

<<PR>>


クリックをお願いします
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ